バス釣りテクニック

バス釣りが上手い人=バスの居場所がわかる人
バス釣りが「上手な人」「下手な人」の大きな違いとは
ロッドテクニックなどの技術的な面よりもむしろ、バスが1年を通してどういう習性を持ち季節ごとにどういう場所に居てどういうルアーに反応するのか、ということが頭に入っているかいないかの違いでしょう。

バスのいない見当ハズレな場所にキャストして、そこでどんなにロッドテクニックを駆使してもバスは釣れないでしょう。
しかし、バスの居場所やコンディションを把握している人ならば居場所を探り、それにあったルアーをチョイスして、たとえズル引きであろうと釣り上げてしまうはずです。

大切なのは敵(バス)を知ることなのです。