ライン
ライン選び
ルアー用のラインで使われる、lb(ポンド)は重さを表す単位です。
号数で表示されているものはラインの太さを表す単位です。

細いライン
飛距離が出てバスへのプレッシャーも少なくロッドに伝わる感度も高いです。
その反面、大型のバスや根掛かりなどで切れてします危険性があります。

太いライン
大型のバスが掛かってもラインが切れる危険性が低く大きめのルアーなどを投げたいときにも重宝します。
その反面、バスへのプレッシャーは高くロッドに伝わる感度も鈍くなります。

使用するラインはフィールドや使用するルアーによって最も合ったラインを選ぶようにしましょう。
ラインの種類
バス釣りでのラインの種類は主に
■ナイロン
■フロロカーボン
■PE
の3種類のタイプがあります。

●ナイロン
ラインの浮力が強いためトップウォータープラグなど浮きモノ系の使用に適しています。

長所:
価格が安い。
伸びが多い為、急激なショックにも強い。

短所:
傷がつきやすい。
日光によって劣化しやすい。

●フロロカーボン
ラインの浮力が弱く水に沈むためワームなどのソフトルアー系の使用に適しています。

長所:
感度が良い傷に強い。
劣化しにくい。
水中で目立ちにくい。

短所:
ナイロンに比べ価格が少し高め。
伸びが少なく硬いためクセがつきやすい。

●PE
細くて強度が非常に強いというのがこのラインの特徴です。
ラインの浮力が強いためトップウォータープラグなど浮きモノ系の使用に適しています。

長所:
強度が高い。
感度が良い。

短所:
価格がかなり高め。
伸びが少ない為、急激なショックに弱い。

  タックル解説TOP   ロッド   リール