ワーム(ソフトルアー)
ストレートワーム
■ストレートワームとは、テールも何もないシンプルな形状のワームを指します。

そのシンプルさゆえに、ロッドアクションによる攻めの応用の幅が広いです。
ミミズなどの形状に最も近く、様々なリグ(仕掛け)に対応でき。他のワームに比べていちばん飛距離が出るワームです。
チューブワーム
■チューブワームとは、ボールペンのキャップのような筒状のボディに、そこから枝分かれしたテールの付いたワームを指します。

ホップさせた時のイレギュラーな動きはバスに効果絶大です。

また、すり抜けもいいのでフリッピングでも使いやすく浮き草の隙間などにすべり込ませるときなどに重宝するアイテムです。
グラブ
■グラブとは、一般的に太目の本体の後ろに薄く渦を巻いたカーリーテールと呼ばれるものをつけたワームを指します。

ストレートワームに比べてカーリーテールがついている分アピール力は増します。
古くから人気があるワームで、このワームで初めてバスを釣ったという人も少なくないはずです。

グラブとは、“イモムシ”という意味を持っており、テール部分をちぎって「イモグラブ」として釣果を上げる人も多いようです。
リングワーム
■ボディ部に輪っかを巻きつけたようになっているものを リングワームと言います。

水中での動きとしては、ストレートよりも「クネクネ」とした動きでバスを誘います。
また、リングとリングの間に溜まる気泡でもバスを誘うといわれています。

ほとんどすべてのワームリグにフィットし、そしてそのどれもがとても効果的なアピールを実現します。
クローワーム
■太目の本体に、数本の細いまっすぐのテールを生やしたものや、ハート型のカーリーテールでエビやザリガニの外見を再現した形状のワームをクローワームと言います。

ハサミの部分の浮力を変えるなどして、ちょうどザリガニがハサミを持ち上げるようなアクションをとってやることでバスを誘うことも出来ます。
パドルテール
■本体はグラブに近いが、テールがオールのような形で甲殻類を模したワームをパドルテールと言います。

ノーシンカーでの使用でも離れた所からでもポイントを狙い撃ちできるのが特徴で、アシや複雑なカバーを攻めるときに、クロー系やグラブ系などでは突起物やテールがカバーに引っかかり落ちにくいためこのワームを使用するのが効果的です。
シャッドテール
■シャッドテールとは、魚の形や、動きを忠実に再現すべく作られたワームです。

Yの字型のテールで魚の尾ひれを再現したタイプや、円の上部と本体をつなげて、水面に垂直に立てたテールで水流を受けて振動するタイプ等があります。

スティックベイト
■スティックベイトは、他のワームと違いソフトでありながら小魚の様なアクションを演出出来ます。

バスがトップウオータープラグを見に来るのに食い渋るなどのプレッシャーが高い時などにソフトスティックベイトが有効になります。

トレーラー
■トレーラーとはラバージグやスピナーベイトのアピール力を高めたりフォールスピードを調節するために装着するワームやポークのことです。




- - - リグ - - -

ワームを使うための仕掛けのこと。
基本的にシンカーの位置で名前が変わり、攻め方が変わります。

ノーシンカー
針とワームだけのシンプルなリグ。

浅いところや、ゆっくりした動き、ワーム本来の動きを生かしたリグといえます。比較的新しいリグです。

スプリットショット
ノーシンカーリグから少し離したライン上に直接軽めのシンカーをかませたリグ。

古くからある基本的なリグです。

テキサスリグ
銃弾型のシンカー(バレットシンカー)を針を結ぶ前にラインに通すというリグ。

シンカーの後ろにビーズをはさむこともあります。
障害物を回避する能力が高く、葦や桟橋の下など、根がかりの可能性の高い場所に使うことが多いです。

キャロライナリグ
テキサスリグの応用で、シンカーの後ろにスイベルなどをはさみ、20 - 30cm程度ワームから放して使用するリグ。

比較的重いシンカーを使うことが多く、深めを狙う時に使用します。
軽めのシンカーを使うと「ノースキャロライナ」重いシンカーを使うと「へヴィーキャロライナ」といいます。
ちなみにへヴィーキャロライナと呼ぶのは日本だけで、ヘヴィキャロと略して呼ばれることも多いようです。

ジグヘッド
針に元からシンカーがついているもの。

手軽で初心者にも使いやすいが、根がかりの可能性が高く、敬遠される場合もあります。
シンカーの形状やフックの形等で数多くのタイプが存在します。

常吉リグ
アイにラインを結んだあと、再びアイにラインを通し、下に伸びたラインにシンカーをかませるリグ。

ダウンショットリグ 、ドロップショットリグなどとも呼ばれます。
ワームを小刻みに揺らしながら一定の場所に留めておく事ができ、じっくり攻める冬の攻め方や、プレッシャーの高いレイクに強いです。

ワッキーリグ
近年釣果の目覚しいリグ。

ワッキーとは日本語では「変わった」と訳されます。
その名の示すとおり、少し変わったリグです。他のリグではワームの先端部に針を付けるが、ワッキーリグの場合はワームの中央部に針を取り付けます。主に中層を狙います。
ワームの中央に針を刺すと言う点では先端にネイルシンカーを打ち込んだ「根こリグ」が先に存在しているが、底を狙う仕掛けなのでワッキーとは別物です。
針の付けかたや種類、シンカーの形や位置等によりアイデアの数だけリグが存在する、と言っても過言ではなく、オリジナルのリグを研究する釣り人も多いようです。

(参照 Wikipedia)


  ルアー解説TOP  プラグ  スピナーベイト  ジグ