トップウォーター
ポッパー
■ポッパー(popper)は水面で捕食中の小魚をモチーフにし、大きく口を開けた姿をしています。

糸を瞬間的に強く引くと、勢いよく顔を水中に突っ込み、そのときにカップ状に開いた口が空気を巻き込んで「コポン」という音が出ます。
この音を英語では「pop」と表現し、「popper」の名前が付きました。

製品によってこの音や、水の飛び方は微妙に違います。 水面で捕食中の小魚をモチーフにしています。
ペンシルベイト
■ペンシルベイト(pencilbait)は鉛筆という名の通り、棒状のボディに針が付いただけの極めて単純なルアーです。

棒状といっても種類が豊富で、文字通りただの棒から、太く丸みをおびたもの、本物の魚にリアルに似せたものなどがあります。

また水に浮く角度も様々で、ほとんど水面に沿って水平に浮くものから、ほぼ垂直に立って浮くものまであります。

特別な機能は何も持っていないので、ただ糸を巻くだけではアクションをしてくれません。
瞬間的に糸を引っ張ることで、左右に首を振らせながら、水面を滑るように動かすことでバスを誘います。
スイッシャー
■スウィッシャー(swisher)はペンシルベイトのような棒状のルアー本体の前後に、1枚ないし2枚の金属製のプロペラを持ちます。

ルアーを引くと水流でプロペラが回転し、その音や波、プロペラのきらめきなどで魚にアピールします。

プロペラが1枚のものをシングルスウィッシャー、2枚のものをダブルスウィッシャーと呼びます。
ノイジー
■ノイジー(noisy)とはボディに付属するなんらかの仕組みで騒々しく音を出したり、暴れるように激しくアクションをして魚を誘うルアーの総称です。

水面に落ちた小動物や昆虫をモチーフにしています。


基本的にはただ糸を巻くだけでも勝手にアクションをしてくれますが、いかにも木からセミなどが落ちてバタついている状況を演出してやる事で釣果が上がることもあります。
羽などに見立てた大きなパーツが抵抗となり、あまり遠くまで投げられないのが難点です。
ダーター
■ダーター(darter)はコンセプト自体が曖昧なので定義が難しいが、一般的には下あごが飛び出すぎたポッパーのような外見をしているものを指します。

トップウォーターでありながら、下あごが水流を受けてリップの役目をし、ミノーのように浅く潜ることができるのが特徴です。

潜るときにポッパーのように「ボコッ」と音を出すものが多くポッパーとミノーの中間のようなルアーと言えます。


  プラグTOP  ミノー  クランクベイト  バイブレーション 

  ルアー解説TOP   スピナーベイト  ジグ  ソフトルアー