ジグ
ラバージグ
■ラバージグとは、鉛などを使用したヘッドとフック(針)の本体にラバースカートといわれる細いゴムひもの束を着けたルアーを指します。
ブラシガードと呼ばれるパーツが付いているものと付いていないものがあり、付いているものは、障害物回避能力に優れるが、ややフッキングしにくくなります。
逆に付いていないものは、その反対でフッキングしやすいが根掛かりもしやすくなります。

ラバージグは単体でも釣れないわけではありませんが、針にワームやポーク(豚の脂身を加工したもの)などをつけて使うことが多く、テトラ周りやアシなどの障害物やボトムについているバスをテンポ良く探るのに大変適しています。

ヘッドの形にも多くの種類があり

■ラウンドタイプ - 銃弾のようなを形をした一般的なタイプ。
■フットボールタイプ - 球の形をしたタイプ。ピンポイントを狙うのに向いている。
■アーキータイプ - 先端がとがった形をしていて、さらに根がかりしにくいタイプ。

などがあります。
メタルジグ
■メタルジグとは、金属片にフックとアイを取り付けただけのシンプルな構造のルアーを指します。
本体が金属で出来ているので非常に重く、高速で沈んでいく為、深場を狙うのに適しています。

冬場の活性が低いバスにも金属的なきらめきで反射食いを誘いやすい為、冬場には欠かせないルアーといえるでしょう。


  ルアー解説TOP  プラグ  スピナーベイト  ソフトルアー